サーチコンソール未登録で浮上する1つの懸念材料について

俗に言うブラックSEOをやっていると、サーチコンソールに登録することで「ペナルティのリスクが高まるだけ/同じサーチコンソールに登録しているドメインが一緒に吹っ飛ぶ可能性がある」という噂があります。

個人的には「それ本当かよ、誰かが体験した稀有なパターンがコピペで拡散してんじゃねーの!?」なんて思ってるんだけど、用心するに越したことはないっつーことで、僕もほとんどのサイトをサーチコンソールには登録していません。

というわけで、検索クエリとかはとくに調査せず、PVはプラグインで見ながら…。サイト自体は適当に作りっぱなしの状態です。

で、割と有名な商品の商標キーワードで上位表示に成功しているドメインとかもあるんだけど、ぽつぽつアクセスはあるのに売れてないって状態が続いてます。

そこでなんだけど、最近Twitterとか見てると「ブログ始めましたー」って感じの初心者さんを結構見るんですね。

「そういう人たちが検索してるんじゃねーの?」って思ったり思わなかったり。

例えば「商品名+成分」なんて、基本的に専門家でもなければ深く書けないじゃないですか?

だからパイオニアの劣化コピーみたいな記事が並ぶわけです。で、そういうパイオニアってあまりSEOを意識できてないから、そこからパクったのにも関わらず、それよりも上位表示とかできるんですよね。

だから上位サイトを真似るって奴が出てくると、パクリがパクリを生むっていう状況になります。

僕なんかはパクリっちゃパクリだけど、コピペは絶対にしないし、文章も自分の中で咀嚼してから書き起こしてるんです。でも初心者さんの中にはコピペしちゃう奴も出てくるでしょ。

…話が脱線したけど、例えば「商標+成分」の検索ボリュームが月に1000あったとするじゃないですか?

1日に換算すると約30PV。このうち、本当に商品を購入したいと思ってる人ってどれくらいいるんだろうかって話です。

僕は最近「このキーワードでアフィ記事を書こうとしている奴のPVじゃないか?」って思ってます。

この辺まで踏み込んで書いてるアフィリエイト初心者向けのノウハウブログってあまり見ないから、パンドラの箱なのかなって思ったりもしつつ…。

プラグインでPVを計れるやつだと「自分のデータは計測しない」とか設定できるから、いっそブロガー・アフィリエイターも排除出来たらいいなーと思っている今日この頃です。

そしたらウチの商標サイト(2語キーワード)のほとんどがPV0になるかも知らんけど。