僕が「ブラックSEOに効果が無い」という人を信用できない理由

とりあえずここでは一旦、良いか悪いかっていう倫理観は置いといて「良い効果があるかどうか」について考えていきます。

というのは、アフィリエイトを始めたばかりの初心者が「なんで自分の記事より、こんなクソみたいな記事が上位表示されてるんだ!」って憤慨する瞬間があると思うんです。

そこでいろいろと調べていくと、ブラックSEOやら被リンクやら中古ドメインやら…何やら胡散臭い「それマジすか!?案件」に巻き込まれていく人も出てくるでしょう。

そう、それが僕です。

で、例えばGoogleで「上位表示する方法」みたいなワードで調べると、アホみたいな正論しか言わないサイトが山ほど出てきます。

その人たちは「上位表示されるためにはユーザービリティを考えること」「コンテンツが良いものが上位表示される」って口裏を合わせたかのように書いてるわけです。

僕はこれを否定するつもりはないし、もちろん言ってる通りだと思うんだけど、なんて言うんでしょう。いまいち信頼というか信用できないんですよね。

(お前なんかに信用されなくても結構って意見はさて置き)

例えばですけど、痩せたくて悩んでる女子高校生がいたとしますか。

その人がネットで「痩せる方法」を検索する場合って、どうやったら痩せられるのかを知りたいんだなってのは多くの人が理解できる部分だと思います。

そんないたいけな女子高校生に対して「ご飯食べるな」「運動しろ」「野菜と瞑想だ」って言ったところで、僕はこの記事にユーザービリティがあるとは思わないけどね。

アクセスを増やしたいっていうブロガーに対して「良いコンテンツを作ろう」って言うのは、これに通じる部分があると思うんです。

別に大したこと言ってないんですよ。「ラーメン屋として繁盛したければ、美味いラーメンを作りなさい」って言われているようなもん。

誰だって自分のラーメン(コンテンツ)が他に負けてるなんて思ってないでしょ。

それを試してもいないのに「人気が無いのは味が悪いから」ってこき下ろす人をどうやって信用できるんやって話です。

コンテンツが良いってのは最低条件。

それ以外で例えば「外装を明るくして、店の中が見えやすいような雰囲気にする」とか「店に誰もいなければお客さんが入りにくいから、サクラを雇って繁盛しているように見せる」とか「広告を出して客を呼び込む」とか、そういうアイディアが欲しいんじゃないかって思うんですよね。

そういう工夫を一部の人は「ブラックな手法だ」って騒いでるんじゃないかと思ってます。

(まぁスパムみたいな手法でゴミ記事を上位表示するのと比べて、迷惑のレベルが違うっていう気もするけど)

とりあえずブラックSEOに興味がある人は、自分の気になってるアフィリエイト商品をググって、上位に出てきたアフィリエイトサイトの被リンクを調べてみるといいですよ。

無料ツールでもハナサキガニだかアラマキジャケだかってサイトにURLを入れれば、ある程度のリンクを送ってるサイトが見れるんで。

結構えげつないレベルで自演リンク送ってるサイトばっかですから。

もちろん「こういうサイトはいつか淘汰される」っていうのは間違ってないと思いますけど、今度はまた別の手法で上位表示させるサイトが出てきて…って感じじゃないかと思います。

やる・やらないは自由だし、俗に言うホワイトな手法だけで上位表示が取れるならそれに越したことはないでしょ。

ただ、多くのサイトが「コンテンツが良ければ上位表示されるよ」って言うのを完全に鵜呑みにすんのもどうかなーって思ったので書きました。