Wikipediaからの被リンクを過信しすぎたか…。

中古ドメインを選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、僕の場合は初心者なりに色々考えた結果「Wikipediaからリンク貰ってれば、そこそこの価値があるサイトだったんじゃね?」って考えて、Wikipediaからリンクを貰っている中古ドメインは積極的に取得しました。

で、まぁ効果が無かったって言ったらアレなんだけど、少なくとも「僕が思ってたほどの効果はなかった」と言っても差し支えないです。

勝手に想像してたことだけど、Wikipediaからリンク貰うって相当なことだと思ってました。

実際に僕はWikipediaを編集とかしたことないし、なんかあればWikipediaを覗いて引用したりすることはあっても、それが正しいかどうかなんてことは二の次なんですよね。

だから一部の人からすると「Wikipedia=誤情報の塊」みたいな感じになってるっぽい。

まぁ編集しているのも一般人っぽいし、仕方ないっちゃ仕方ないのかな。

漫画のWikipediaとか見てると分かるけど、たまに支離滅裂な文章になってたりするもんなぁ。

ちなみになんでこれを判断したかって言うと、Wikipediaから複数リンクを貰っていた中古ドメインを幾つか購入して、それらを全部同じブログタイトルにして似たような記事をブッ込みました。

そこで「上位表示できたドメイン=良い中古ドメイン」っていう判断をしようと思ったんだけど、これがなかなか差があって面白かったんです。

で、個人的には「Wikipediaから被リンク貰ってる数が多ければ、さぞドメインパワーが強いんだろうなぁ」なんて思ってたら、別に大したことなかったっていうね。

もちろんWikipediaから被リンクを貰ってる中古ドメインが全部弱いってことはないけど、少なくとも「ウィキペディアから被リンクを貰ってる」ってだけで飛びつくのは危険そうです。

一応ウェイバックマシンで運営履歴は辿って、明らかなエロサイトとかじゃないことは確認してるものの、Wikipediaからの被リンクにはそこまで大きな価値は無いんじゃないかと思いました。

もしかしたら同じジャンルじゃないと効果を発揮しないとかがあるのかもしれないけどね。

あ、ちなみに僕の場合、現時点では「前に運用されていたサイト内容を引き継ぐ」ってことにはこだわってません。