期限切れドメインを検索してくれるツールを契約した話

Twitterを見てると「クローラーがすっげー中古ドメイン見つけてきたー」とかいう呟きをよく見るので、気にはなっていたんですよ。

ほんでラビエル?だかっていうツールが過去にあったらしいんですけど、それはもう提供されていないというか販売されていないようです。

未だに「中古ドメイン クローラー」とかで検索すると、ラビエルの話を載せてるブログなんかが出てきて「こういうツールなんですよー、もう手に入らないんですけどね(てへぺろ)」みたいなのが死ぬほど腹立たしかったっていう(笑)

で、毎日深夜の2時~4時頃までパソコンに張り付いて、朝の6時くらいまで中古ドメインを精査してって作業に嫌気が差してきて、もし楽できるなら楽したいなぁと。

そんなわけで、重い腰を上げて調べようとしてたら、とある中古ドメインマニア(専門家?)の方が呟いてたのを見て、試してみようと思った次第です。

それが「PBN Lab」ってツールです。海外のツールで紹介文とか完全に英語なんだけど、まぁ「PBN Lab」って検索すれば、その中古ドメイン専門家の方のブログというかサイトが出てきて、詳しく説明してくれてるので、そっちを参考にしてみてください。

で、結構べた褒めだったんで、400時間の買い切りだかで7000円くらいだったんで、迷わず契約して丸1日転がしてみました。

そこで持った正直な感想ですけど「探すのにも慣れが必要だな」ってこと。

例えば検索ワードを入れるじゃないですか?「wiki」って入れて検索すると、wikiで検索上位になってるサイトにクローラーが飛んでって、そこで発見された死んでるリンクを教えてくれるってツールなんだけど…。

闇雲に検索したくらいじゃ全然引っ掛からない。僕なんかが使ったところでDAが20以上のサイトとか全然出てこない。

そもそもwikiからリンクを貰ってる死んでるサイトなんて色んな人に狙われるだろうから、もう掘り尽くされた後だと思うじゃないですか?

じゃあ別の方向から探さないとってなるんだけど、意外とそれを探すのが難しいっていうね。

「東京 政治家」とかで検索すれば、過去に立候補して落選してしまった人のサイトとか拾えるかなーって思ったんだけど、それも怪しい感じです。

とりあえず、実働で6時間くらい動かしてみたけど、今のところはMozのDAが30超えっていうのは1個しか見てないし、その1個もアーカイブで覗いてみたらまぁ酷かったからね。

検索ワードだけ入力しておけば勝手に探してくれるっていうのはありがたいけど、そのための手引きというか、命令を出すのは契約者自身だから、使いこなせるかどうかで評価は大きく分かれるような気がします。

少なくとも僕の場合は、このままだともう二度と使わないかも。

なんとか良い使い方があればいいんだけどね。お金にならないどころかライバルを増やす内容だから、誰も記事にしてないし、結局は我流でやるしかないんだけどね。